「……っ、先生、私やっぱり、ダメ…です。」

「早くしろ、時間がない。」

「…でもっ。これで、…いいですか…?」

「…へぇ。お前結構、自信あるんだな。」

「そんなっ、先生、意地悪言わないでください…。」

「早くしろよ。…まず、触って確かめろ。」

「…太い、です。でもっ…怖いです。…きっと入りません。」


長かった夜勤も残すところ1時間。使用物品の片づけをしていた私の耳に飛び込む会話。


…朝っぱらから何の会話よ!?

この作品のキーワード
密フェチ