*:・゜♂*:・゜*~☆・:.,;**:;,。・★ ~*~☆・:.,;**:;,。・★ ~*~☆・:.,;*


あなたは、何フェチ?

私は、、、

好きな男(ヒト)なら、どんな仕草もスタイルも好き。

本当にそれだけ? 

隠してるんじゃない?

カクシテル? 

私だけのフェチ。。。


BeeTV
「密フェチSS大賞」
エントリー作品



そう、たった一つだけ誰にも邪魔されたくないフェチがある。

それは愛しいあの人が、

私にだけ囁く優しい声・・・。

ううん違う! あの人が、私の

「耳元でセメル」

あの声がたまらなく好き。

どうにかなりそうで、

どうにかして欲しくて、

今夜もあの人の声を強請りに意地悪な罠をし掛けてしまう私・・・。


*~☆・:.,;**:;,。・★ ~*~☆・:.,;**:;,。・★ ~。:~~・*♀。:~~*~☆・:.,;*

この作品のキーワード
密フェチ      BeeTV  年下  OL  耳元  フェチ  短編小説  アーティスト