8月中旬。

鈴菜は夏の勉強合宿に参加していた。

桜羽南学園では、毎年夏休みに勉強合宿を実施している。

1年や2年の場合は参加者が学年の半分ほどだが、3年になると参加率は9割となる。

ちなみに場所はここから車で一時間ほどの山中の研修施設で、バスも電車も通っておらず、生徒達は強制的にカンヅメにされる。


勉強合宿は2泊3日で、日程のほとんどは講義だ。

朝から昼まで講義、そして昼食を挟み昼過ぎから午後7時まで講義。

その後、夕食と入浴を済ませ、8:30から22時まで自習。

その後は割り当てられた部屋で勉強、もしくは就寝となる。



――――夜。

22:30。

鈴菜は自室で、黙々とノートにペンを走らせていた。

開いているのは世界史の自習ノートだ。

鈴菜はカリカリとペンを走らせていた……が。

なかなか集中できない。

はぁと息をつき鈴菜はペンを置いた。

……少しロビーのあたりを散歩でもしてこようか。

鈴菜は薄手のカーディガンを羽織り、部屋を後にした。



この作品のキーワード
先生  禁断  切ない  高校生  運命  和風  再会  秘密  純愛  溺愛