最近---



私は眠りが浅くて…
変な時間に眼が覚めてしまう。

なんだか、絶えず胸の中がモヤモヤとして、落ち着かない。

ベッドの中で鬱々としているよりマシかと、始発でオフィスに向かった。



私が勤めているのは小さな法律事務所。


夢を叶えるために、勉強三昧だった学生時代。

そのせいか、気を紛らわせる手段が仕事以外思いつかないのが情けない。




私は預かっている鍵を使って、まだ仄暗いオフィスに足を踏み入れた。

荷物を自分の席に置き、ブラインドを開けるために部屋を横切る。




「…ぇ、…?」


パーテーションで区切られた空間。

開け放たれた扉の奥、応接セットのソファーに横たわる人影。




「---…所長?」


この作品のキーワード
密フェチ  肉食  大人  じれじれ  イジワル  切ない  誘惑  地味子  上司  不器用 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。