扉に手をかけて少しためらう。
 部屋に入って二人きりになったら、どんな報復が待っているのか。

 チラリと後ろを窺う。
 ジンはおもしろそうに口元に笑みを浮かべた。


「どうした。早く入れ」


 促されて仕方なく扉を開ける。
 一歩踏み出した時、部屋の中からモモカが笑顔で駆け寄ってきた。


「クルミ様、よくぞご無事で」


 どうやら行方不明になったと思って心配していたようだ。
 話を聞くと、クルミがいない事に気付いたジンが、いつも呼びに来るモモカに尋ねたらしい。

 事情を知ったジンは、クルミが戻ってくるかもしれないからと、モモカを部屋に待機させて探しに行った。

 モモカがジンに叱られたのではないかと気になったが、そんなことはなかったという。

この作品のキーワード
異世界  ファンタジー  シリアス  恋愛  主従  鬼畜眼鏡  獣人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。