背徳の香りがする口付けは、心をじんと蕩けけさせ、

柔らかな肌の感触は切なく儚い。

しかし人は望むのだ、暖かな唇の触れ合いを、

そして心と心の繋がりを……