一日の仕事を終え、会社を出たところで電話が鳴った。
バッグからスマホを取り出しディスプレイを見ると―――倉井さんからだ。

あれ、今日は出張のはずだけど。
何かあったんだろうかと思いながらスマホをタップする。


「もしもし」

『お疲れさまです。今、大丈夫?』

「あ、うん。どうかしたの?」

『いや、いきなりこんなこと頼んでもいいのか迷ったんだけど、あの……』

歯切れが悪そうな倉井さん。
何か言いにくいことなんだろうか?

でも、わざわざ私に電話してくるぐらいだから困っていることがあるのかも知れない。


「何?私で出来ることなら何でも言ってくれていいよ」


倉井さんに頼みごとされるのは初めてな気がする。
だから遠慮しないで言って欲しい。


『ありがとう。ちょっと困ったことがあって……あのさ、うちの妹のことなんだけど』

「ほのかちゃんのこと?」

『うん。さっき母親から電話があって、塾にも行ってないし家にも帰ってこないって心配してるんだ。
携帯に電話したけど電源が切られていて出ないらしくて。それでもしかしたら僕のマンションに行ってるんじゃないかと言われて……。
でも、今日は出張で帰れないから』


なるほど、そういうことか。

倉井さんの言葉で状況を素早く察知した。


この作品のキーワード
オフィスラブ  OL  草食系  地味  ピュア  恋愛  結婚  飲み会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。