「んっ……」


ふと、目が覚めた。


あれっ、なんだろう?

隣から聞こえる規則正しい寝息に頬を緩ませつつも、温もりを感じる“そこ”に視線を移す。


「あ……」


繋いでくれたんだ。


今日は日曜日。

家族はみんな出払っていて暇だったからいっくんの家に遊びに来た。

少しのおしゃべりを楽しんだあと、春の暖かな日差しに誘われるようにお昼寝モードになり…… 今に至る。




この作品のキーワード
密フェチ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。