僕たちがニュースや新聞などを通じて、

なんとなく感じている印象のひとつとして、

”つながりが希薄さ”があるのではないでしょうか。


だからなんとなく、世間の人は冷たいとか、

事務的だとか、殺伐としているだとか、

そういう風に思い込んでしまっている気がします。



ですが実際に僕たちが暮らしている日常には、

「ありがとう」があふれていたりもするんです。

もちろん、人によって違いはあると思いますが。



なんとなく毎日を暮らしていると、

何もしていないつもりでも、

知らぬ間に相手から感謝されている機会や、

誰かが誰かに感謝している場面に遭遇するのは、

自分が思っているよりも意外にたくさんあるものです。


例えば、

ありがとうって、一日に何回言われたか、

数えてみると思いもよらない回数になっているものです。

以前、ふと確かめてみようと思い立って

ごく平凡な一日に数えてみたことがあります。



朝目が覚めてから、夜眠るまでの間に、

何度「ありがとう」という言葉に出会うか。




それほど多くの人と出会うような

特殊な日々を過ごしているわけではないですし、

むしろ人に会う数としてなら、

他の人よりも少ないくらいかもしれません。



その日、実際に自分自身が、

ありがとうという言葉に出会った回数は、

あっさりと100回を越えていました。


途中でコンビニやスーパー、

カフェやファミリーレストランに入ると、

途中で数えきれなくなるほど多くなってしまいました。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話