---------------------------

はじめていわれました。

---------------------------
一生の中で僕たちは

毎日のように誰かとの出会い、

そして数えきれないお別れも味わいます。

そんなさまざまな出会いや別れの中で

いろんなひとがいて、

いろんなことをいいます。

そして

いろんな自分がいて

いろんな自分がうけとります。

自分が変わるたびに

言われることも変わります。

出会うひとが変わるたびに、

やっぱり授かる言葉は変化します。

言われる言葉のなかには

自分がすでに知っていることがあって、

それはそれでイヤな気はしないけれど、

ココロに残すほどのインパクトはなかったりします。

その反対に

自分では思いもよらないくらいの

突拍子もない角度から、

伝えられるメッセージもあります。

それって、まちがいなく、

あたらしい自分に出会える瞬間。



そして、その出会いは強力なので

ココロに残り続けるのです。


いままで自分が

見えていなかった場所に

スポットライトが浴びせられて。

それが一見、

照れてしまうような褒め言葉でも、

わかりやすい褒め言葉でなくても、

きっとあたらしい自分を

好きになるためのカギになる言葉。

「はじめていわれました」という

またひとつ自分を好きになれる、

きっかけが芽生える魔法の言葉。

この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話