もちろん言われないよりは、嬉しいはずですし、

社会のマナーや常識でもありますから、いいことのはずなんです。



ですが、せっかく相手が自分に向けてくれていた、

メールの署名にくっついている「定型ありがとう」も、

コンビニ店員さんから言われる「機械的ありがとう」も、

どこか暗号のように感じて、言葉以上の気持ちを受け止めようとせず、

そこには何もないかのように、受け流してしまっていたのです。



そうして、それらの「ありがとう」を受け取れないから、

ありがとうの言葉に出会うたびに、

ちょっとだけ、なんともいえない、さみしさが込み上げたのでした。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。