たとえば、恋人から

「わたしのこと好き?」と聞かれたとしても、

そのときの僕は「うん」の一言すら伝えられませんでした。


話をごまかしたり、聞こえないフリをしたりして、

相手がその場で諦めてくれるように促してみたり。


それでも諦めない相手には怒ったふりをして、

次から「好き?」と聞かれないような空気を作ったり。

それはやっぱり「察してほしい」と思ったり、



言わなくてもわかるのが本当の絆だって感じていたり。

そもそも恥ずかしかったり、メンドウだったり、

相手の反応が怖かったり、そんないろいろが重なって、

大人になっていくにつれて、「好き」という感情そのものが、

よくわからなくなってしまうほどでした。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。