「なんでそんなに好きっていうの?」

と思いきって僕が尋ねたときには、

「好きだなあって思うから、そのときに言ってるの」

と、それはまるで屈託のない顔で答えてくれました。


答えを聞いて、すぐには、意味を理解できませんでした。

ですが、それでも日頃の彼女の「好き」に触れていると、

少しずつ、その真意のほどを理解できるようになってきたのです。

くれぐれも、ほんのりと、少しずつ。

この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。