彼女の「そのときの好き」の言葉には、

相手からの見返りを求めているわけでもなくて、

単純に自分の気持ちを素直に

相手に知ってほしい、相手に知らせたい、

という純粋な気持ちから生まれている、

そんな言動だということを理解できました。



その感覚は今までの自分の人生には、

感じたことがないもので、全く新しい心地でした。



もちろん、そんな新鮮な発見があった状態といえど、

それでもなかなか信じる勇気を、

はじめは持てなかったというのも事実です。

この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。