ですが、そんな僕の心情はおかまいなく、

彼女は伝え続けてくれました。自然体のままで。


ある意味、彼女が「好きのリハビリ」を続けてくれたおかげで、

自分も少しずつ心をひらき、相手の気持ちを受け入れて、

彼女に対し、好きだと伝えられるようになりました。


彼女に自分を受け入れられている喜びが、

彼女を受け入れたり、自分をさらけだす勇気にも

つながっていったみたいです。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。