それから、彼女に自分からも

素直に「好き」という言葉を伝えられるようになりました。


やがて、彼女以外の人や、物に対しても、

「いいな」と思えたら、そのときに自然と躊躇せず、

「すき」という言葉を伝えられるようになりました。


そして、伝えるたびに、

それが女性であれ、男性であれ、

年下であれ、年上であれ、仕事であれ、友達であれ、

自分の好意を相手に伝えることによって、

相手に自分の気持ちを知ってもらうこと、

さらには相手が喜んでくれることに、

僕自身も新しい喜びを、

つぎつぎと感じられるようになったのです。

この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。