“ずっと一緒にいる”というのは、

じつはいろいろな意味に

解釈することができる言葉です。


だから、受けとり方によっては、

あまりに重荷に感じてしまう人もいます。

重すぎて抱えきれなくなってしまう人もいます。


そんなまじめな受けとり方をする人がいるから、

伝える側は神経質になってしまうのかもしれません。

好きな人なら、なおさら過敏になってしまいそうです。


窮屈に感じさせてしまうんじゃないか、とか、

責任を負わせてしまうように感じたりして、

ずっと一緒にいたいキモチを

言葉にすることをためらってしまうのですね。