お互いが好きなキモチを持っているからといって、

それはすべてが好きというわけではないこともあります。

好きな人にも嫌いなところはあるものです。

そういう嫌いなところも含めたその人を

好きであるということのはずです。


好きだからといって、

すべてを好きになる必要はありません。

嫌いなところがあっても、

その人を好きで居続けていいのです。


好きな人に対して、

いつのまにかどんなことでも、

OKをしてしまったり、賛成してしまったりして、

少しずつ自分の意思が、

薄れていってしまうようなことがあります。