相手を好きであることと、

自分を消してしまうこととは、

まったくの別であるはずです。


別であるにもかかわらず

好きならなんでも許さなければならない。

好きならなんでも受け入れなければならない。

好きなら期待に答えなければならない。

という目に見えない鎖につながれたように

本来あるはずのない義務が生まれてしまう。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話