つまり、毎日、

残高ゼロから始まるようなものです。


もしもあなたの大切な人が

自分より先に死んでしまうことがあったとしても、

生きている限りの相手の気持ちを受け取れたことと、

生きている限りの自分の気持ちを相手に伝えられたこと、

持っていってもらえることに、幸せを感じられる気がします。



好きなキモチというのは

長く一緒にいればいるだけ

貯金されているように錯覚をします。


本当は好きと口にするたびに

きれいに残高ゼロになるのです。


好きの貯金ができないと知っていれば、

明日にのこしておくこともなく、

今日のうちに全額を使い切れるはずです。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話