ココロを車に例えるならば、

コトバはアクセルになったり、

ブレーキの役割を果たすことがあります。


「がんばって」は、アクセルです。

だから、相手にとっては

ココロのスピードを出しすぎてしまうと

オーバーワークとなってトラブルが起こってしまったり

体調を崩してしまうことにもつながる場合もあります。


その反面、

「がんばらないで」は、ブレーキです。

この言葉は相手にとっては

「もう走っちゃだめ」「がんばっちゃだめ」

という風に伝わってしまうことがあります。

新しいことにチャレンジしようとしたり、

自分の全力を出し切ろうとしているところだと

せっかくのやる気をそがれたと感じてしまいます。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話