他人から褒められたとき、

なかなか素直に受け取れないのは、

自分にだけ意識が向いているから、

ということも考えられます。


相手がどんなキモチで、

自分を褒めくれようとしたのかを、

偏った目で捉えているのかもしれません。

褒めてくれた相手というのは、

陥れようとして褒めたわけではないのです。

試そうとして褒めてくれたわけでもないのです。



褒める何かを見つけたから

あなたに伝えたいという本能に従って

きっと褒めてくれたはずなのです。

褒めるのには勇気が必要です。

そして言葉にすることにも勇気はいります。


伝える勇気を振り絞って、

あなたに喜んでほしいというキモチで

ありのままの言葉を伝えてくれたのです。

この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話