すてきな人に出会ったら、

また会いたいと思うものです。

すてきな人であればあるほど

「また会いたい」なんて言うのが

おこがましく感じたりもするものです。



例えば「さようなら」や「バイバイ」は

確かにお別れの言葉ではあるのですが、

ちょっぴり淋しさを感じさせる言葉なんです。


なぜ、淋しいのかというと、

それらの言葉は本当に最後に相手に伝える

メッセージだからであって、

未来を感じさせにくい言葉だからです。


もうこれっきりで、

二度と会うことはなくても仕方がない。

というキモチを現した言葉というのは

一期一会の精神で、すばらしいものです。


だけど、その出会いを大切にしたからこそ、

名残惜しく感じたり離れたくないと感じている

潔くないキモチだってどこかにあるもの。


だからこそ、きれいさっぱりと

「さようなら」や「バイバイ」と

笑顔で別れをつげられるよりも

ちょっと残念そうな表情で

「また会いたい」と言われるほうが

その出会いが終わらない感じがします。

少なくとも終わらせたくないという

小さなキモチを感じられるはずなのです。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話