自分で自分のことを

面倒くさがりだと思っていても

自己中心的な人間だと思っていても

心のどこかで誰かの役に立ちたいと

望むものなのではないでしょうか。


心の奥で本当は役に立ちたくて

チカラを貸したいと望んでいるのに、

余計なお世話かもしれないと思ったり、

チカラの貸し方がわからなかったりして、

つい、差し伸べる手を引っ込めてしまうんです。


すべての人が自信まんまんで、

チカラを貸そうとしてくれているわけでもなくて、

むしろ恐る恐る勇気を振りしぼって、

あなたが受け入れてくれるかもしれない、

と感じて、差し出してくれているのかもしれません。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話