-- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ごちそうさまでした。


- - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - -



たとえばプレゼントを

うけとったときには

ありがとうって伝えるものです。


感謝を言葉にして、

うけとったおかげで生まれた

しあわせなキモチを

相手に贈り返すためのありがとうです。




そして、

だれかからもたらされた

しあわせなキモチに対して

贈り返す言葉は、

ありがとうの他にもあります。


それは、

ごちそうさま、です。


ごちそうさまは、

ありがとうと、とても似ています。


ごちそうさまと

言葉で伝えることによって

感謝のキモチが届けられるのです。


ありがとうと少し似た

感謝のキモチを込めながら

ごちそうさまと手を合わせる。


ごちそうさまをすべき理由は

ごくあたりまえのことだから、

子供だって知っていること。


でも、

あたりまえだけじゃない

ごちそうさまに秘められた

ほんとうの愛情があるのです。


あたりまえと受け流すより

ありがたいと感じたほうが

おいしく味わえたほうが

しあわせは増えていくものです。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話