月明かりの下、月光と同じ色の髪を持った少女がうずくまっている。
 少女が今いるのは、広い石造りのテラスだった。


「お父様……、お父様……!」


 つぶやくたびに彼女の肩が揺れた。
 押し殺したすすり泣きが、夜の闇に響き、悲痛な声に同情するように梟の鳴く声が重なる。
 
 彼女がまとうのは、解いたままの髪とは対照的な闇の色のドレス――死者を弔うための衣服だった。


「――アルティナ様」


 彼女の髪と同じ色の鎧をまとった騎士が、アルティナの側に膝をついた。


「……このようなところではいけません。せめて……お部屋に――」


 涙に濡れた紫水晶の瞳が、騎士を見つめ――また新たな涙がこぼれ落ちる。


「……ルドヴィク」

「……はい」


 ルドヴィクと呼ばれた騎士は、アルティナの手を取った。大切そうに彼女の小さな手を、自分の手の中に包み込む。


「……もう、おしまいね……この国は……」

「そんなことはありません。自分も――ナッシュ隊長も敵を退けるために全力をつくします」

この作品のキーワード
ロマンス  身分差  切ない  主従  三角関係  騎士  ファンタジー  王子