忙しい彼の、久しぶりの休日---

その昼下がり、彼の部屋。




社会人の彼と学生の私。


生活サイクルが違うから、二人で過ごす時間は貴重なのに…



ゆったりソファーに腰掛け、仕事の書類に目を通す彼。


知的で端正な横顔は、クールでカッコいいけど

…つまんない。



私は彼に悪戯を仕掛ける。


彼の横にぴったり身を寄せて座り、耳元に唇を寄せる。

彼自身とアルマーニの混ざった香り。

今度は形の良い耳をペロリ。


「なに?邪魔だよ」


彼は視線を書類に落としたまま、私のおでこを指ではじく。


「痛っ!」

---酷くない!?

彼女に対してこの仕打ち。



いつだって子ども扱い…

今日はまだ、キスさえしてくれてない。





…もぉ!

とことん邪魔してやるんだから!

この作品のキーワード
密フェチ  恋人  じれじれ  溺愛  大人  肉食  年の差  誘惑  イケメン  イジワル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。