トン、トン。

 車のドアを叩く音。

(あれ……順番まだやしなぁ……)

 そう思いながら、サイドウィンドを下げて、下を覗く。

「あの……すみません……」

 そこには、薄汚れたトレーナーに髪の乱れた女と、その娘らしき少女が立っていた。

「……何?」

「あの……ちょっと……」

 全く意図が見えないが、相手が女(しかも結構美人)なので、ドアを開けて下に下りてやる。

「あの、一緒にフェリーに乗せてもらえないでしょうか」

 よくある。いや、こんな見ず知らずの女に頼まれることは決してないが、彼女や家族を乗せて、トラックごとフェリーに乗ってしまってそのまま車内の仕切りカーテンの中にいれば金が浮く、ということは俺自信も経験があるし、珍しいことではない。

「いやまぁ……それは……かまへんけど……」

「向こうに、どうしても急ぎの用事があって……」

 ならなぜ、自分で金を払って乗ろうとしないのかは分からないが……きっと、それなりの事情があるのだろう。

 俺は軽い気持ちで、母親と娘を乗せた。娘は高校生くらいか……。金髪のわりに、終始俯き加減だが、スレンダーな美少女。母親の方は、天災うんぬん疲れ果てているのか、長い髪の毛を1つに束ねるも、乱れており、やつれた白い熟女(40歳ってとこか?)、という印象だった。

 さて、車を船中につけてからは、人通りが少なくなってから客席へ上がった。そのつもりだったのか、すぐに、シャワーを浴びたい、という娘にシャワー室を案内してやり、母親と2人で窓際の席へ座った。

 ほどなくして、まだ髪が濡れたままの娘が出てくると、次は母親が代わって席を立つ。

「コーヒー飲む? それとも、ジュースか?」

「えっ……」

この作品のキーワード
男視線  バツイチ  トラック  リアル  シャワー室  遊び人  船内  一夜限り  熟女  天災 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。