ある夜、現世と異世界が繋がった。




「それは仮の世。あなたはご存知ですか」



肩を押され身を放り出した1人の少女は仮の世へ。


謎の地を踏み込んだ彼女を待つものとは――‐