「あ、待って。あたしが」

ネクタイを取った彼の手を制して微笑むと、彼が少しだけ呆れたように笑った。

今日のネクタイは、一番のお気に入り。
彼の首に掛けて結び、キュッと締めた。


「似合ってる」

「そりゃどうも」

「自分を褒めたのよ」

「は?」

「だって、これを選んだのはあたしだもの」

「……なるほど」


彼がハンガーから取ったスーツの上着も、すかさず奪う。


「ダメ、これもあたしがするの」


苦笑する彼に、上着を羽織らせた。



この作品のキーワード
密フェチ  スーツ  誘惑  ネクタイ  欲情  オトナ女子  甘々  ラブラブ    恋人