***

「おかえりなさいませ。奥様っ。」

「ただいま帰りました。」

春乃は玄関先で出迎えてくれたナナにあわてて頭を下げる。


建志の働く病院を後にした志保と春乃は
そのまま楽しくランチをし
買い物をして帰ってきたので
もう時間は夕方になってしまっていた。


はぁ。疲れた~
ながい散歩だったわ。


「お疲れ様です。奥様。
 紅茶をお部屋にお持ちしましょうか?」

ナナは春乃の荷物を受け取りながら
にっこりと笑った。


あれ?声に出していたかしらっ?


「いっ・・いえ。大丈夫ーー。」

~~♪♪


ふと携帯電話が鳴る。

あわてて春乃がカバンの中から取り出すと

建志

と表示されている。


ーー!


なぜだか、その名前を見ただけで
手に汗をかいてしまうくらい緊張した。


この作品のキーワード
御曹司  医者  甘々  政略結婚  お嬢様  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。