****


「ここが、新居。

 なにか必要なものがあったら言って?
 荷物は昨日のうちに届いているはずだから。」


車を駐車場に止め、テキパキと荷物を下ろす彼ーー。
結婚式が終わり、早々と車に乗せられた私は
彼につれられるまま『新居』に到着した。

結婚したという実感がないーーー。


「あの~~。」

「なぁに?」

にっこりと、王子様スマイルを投げかけられれて、
胸がドキドキする。

心臓の音が聞こえてしまわないか心配だ。



夜も更けて
あたりも暗いがこれだけはわかる。


「なんで、こんなに大きな一軒家なんですか?」



「え?気に入らなかった?」

彼は不思議そうに春乃を見つめる。

「日向井邸よりは小さいだろ?」

春乃の実家も大きい方だが
『若い二人が新生活をスタートする』というのに
大きな一軒家だということに春乃はびっくりしていた。




この作品のキーワード
御曹司  医者  甘々  政略結婚  お嬢様  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。