「ごめん、今日のランチパス」


そう言って、あたしは一人駐車場へ走る。


車に乗り込み、ラジオのチューナーを合わせながら時計を確認すると時刻はすでに12時を5分ほど過ぎていた。

この作品のキーワード
密フェチ  ラジオ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。