花火と浴衣と口紅と




――  ありえない。


 俺は頭を抱えて大きく息を吐き出した。

 目の前には、愛しくて可愛い女が真っ白いシーツに包まって幸せそうな顔をして寝息をたてている。
 その様子を見ているだけで、再び抱きしめたくなる。



 ―― 末期だ。ありえない。


 俺は、これ以上真美の顔を見ることができなくて、こっそりとベランダに出た。

 寝室にいたら間違いなく襲う。
 そう断言できてしまう自分。まったく呆れる。


 真美は今まで男と付き合ったこともない。もちろん俺が真美にとって初めての男だ。

 真美の過去を聞くと、「なるほど、確かに女だらけだな」と納得してしまうぐらいに、真美の今までの人生は男との接触が全くなかった。
 あるとすれば、幼馴染で真美の初恋の相手だけだ。

 その男の顔を思い出し、少しだけ嫉妬する。

 すでに真美のこころは自分に向けられていて、その男には恋愛の「れ」の字も感じていないということはわかる。
 わかるが……過去の男だとはいえ、面白くないものは面白くない。

 今までの自分は恋愛に淡白だった。

 人並には性欲もあったわけだが、吐き出さないといけないほど強くもなかった俺は、特に女を必要としなかった。