今日は私の誕生日。


陣との待ち合わせは若者向けのカクテルバー。

陣がオーナーのお店。



「いらっしゃいませ」



陣はまだ来ていないみたい。

私はカウンターの前のスツールに、腰を下ろす。



「…あんた

オーナーの『仔猫チャン』だろ?」


カウンターの向こうでグラスを磨く、チャラそうなバーテンダーが

私に話しかけてきた。



「---は?

…何のこと?」


「最近この界隈で有名な噂。

『陣さん』が『仔猫』を飼い始めたってね。

手がかかるし躾けるのが大変で遊ぶ暇もないって、オネエちゃんたちの誘いを断ってるってさ」



いくつものお店を経営する陣は、夜の世界でも有名人。


傍にいる私も顔バレしてるみたいだけど…

子ども扱いどころか、まさかのペット扱い?!



この作品のキーワード
密フェチ  年の差  大人  肉食  イジワル  甘ロマ  狂愛  溺愛  嫉妬  独占欲 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。