翌朝―――


今日もうちでは私が最後に家を出る。



昨日の隣の“アイツ”に会いませんように!!


そう何度も願って鍵をかけ、エレベーターへ向かうと昨日のゴミ捨て場のかっこいい男の人が立っていた。


「あ!」


思わず声を上げる私にその人は今日もにっこり笑顔で、

「おはようございます」

と挨拶してくれた。


「お、おはよう··ございます!!」


このスマイル、昨日の睨みをきかせたアイツとは天と地の差だわ!!


この作品のキーワード
美男子  純愛  家族  逆ハー  イケメン  年の差  同級生  年上  年下 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。