=数ヶ月前=






先週、この13階建マンションの1015号室に引っ越してきた。



中川美佳(なかがわみか)高校3年。

両親共に働いていて、兄弟もいないのでほぼ一人暮らし状態。

共働き両親を持つと、家事は大体自分の仕事になる。

少しさみしいと感じることもある。でも、とりあえず、なに不自由なく毎日送ってるし、両親には感謝もしてる。




そんな変わらない今日は、月曜日。
この区域は燃やせるゴミの日だ。

わたしは、ゴミとカバンを持ってエレベーターを待っていた。


エレベーターが到着するとそれに乗って、1階を押して閉じるボタンに手をかけたとき……。


「待って!!」


視界のぎりぎり内側に、すっと伸びてきた手。その手はガシッと扉を掴み、再びエレベーターが開く。



「ごめんなさ~~い!」



甘えるような、子供のような。

そんな印象の声と共に、一人の男の子が素早くエレベーターに乗り込んできた。

この作品のキーワード
美男子  純愛  家族  逆ハー  イケメン  年の差  同級生  年上  年下