あぁ…

昨日はあんなステキな浩一さんの前であんの悪魔が恥をさらしやがって!!!


そんなことを悶々と考えながら今日も鍵をかけ家を出る。


エレベーターの方向に人の気配を感じる


まさか…

まさか悪魔じゃないでしょうね…



恐る恐る歩み寄ると一度一緒になったことのある人懐っこそうな可愛らしい男の子がいた。



この作品のキーワード
美男子  純愛  家族  逆ハー  イケメン  年の差  同級生  年上  年下 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。