その子は私に気付いて振り向くとにっこりと鼻血が出そうなくらい可愛い顔で挨拶をしてくれた。


「おはよ!」
「あ、お、おはよう」

「三那斗と同じクラスなんだってね、美佳!」



え?

今なんと??


もしかしてもしかすると――――


「僕、綾瀬孝四郎!よろしくね!」


あやせ…こうしろう…

この美少年が4人目かい…!!!



両親の顔を見てみたいわ…



この作品のキーワード
美男子  純愛  家族  逆ハー  イケメン  年の差  同級生  年上  年下