遡ること約1時間前―――



時刻は夜の10時を回ったところ。


今日も両親ともに外泊で不在。

私は夕食もとっくに終え、リビングで寛ぎながらテレビを見ていた。


家に一人でいることには慣れている。

寂しいと思ったことは幼少のころもちろんあるが、今は高校生。
さすがに寂しいということはもうない。




だけどそれは今までなにも起きなかったからそう思っていられたとこの後思い知らされる―――



この作品のキーワード
美男子  純愛  家族  逆ハー  イケメン  年の差  同級生  年上  年下