「ふぅん···」


なんだか気にはなりつつも、あまり詮索して勘違いされたら面倒だからやめとこ。


「…随分浩兄とも聖二兄とも仲良いじゃん」
「は?」
「…いや、なんでもない」


そう会話をやめ、綾瀬が私の方の腕で頬杖をつき、顔を逸らした。


「あ!」

「なに」


私の突然出した大きな声に綾瀬は顔を上げてこっちを向いた。


綾瀬のブレザー、袖のボタンが取れかかってる。
こういうの、私、どうも気になっちゃうんだよね。



この作品のキーワード
美男子  純愛  家族  逆ハー  イケメン  年の差  同級生  年上  年下