この前のボタンつけよりは少し時間がかかると前置きして私はすぐに作業に取り掛かった。

綾瀬はそれを快諾してベットに座って私の方を見てる。


「なんか、ここでこんなことしてるのって不思議」

私は視線を糸に向けたまま笑いながら綾瀬に言った。


「だな」


それに答えて綾瀬も笑ってそう言った。


「あ、そういえばさっき孝四郎くんに何か言いかけられたままだったなー···」
「···いいんじゃね?」
「なんだったんだろ」
「あいつには…孝四郎には気をつけろって…覚えてるか?」


綾瀬から笑顔が消えた。


確かに前に綾瀬は“気をつけろ” って言ってた―――

だけどその意味はわからないままだ。

この作品のキーワード
美男子  純愛  家族  逆ハー  イケメン  年の差  同級生  年上  年下