「…そうか」


声色が、当初の青年の明るいものとはまるで違っていた。

…なにを、考えているのだろう。

うずくまったままの少女には、青年の顔が見えない。

眉を寄せていると、すぐそばでジャリ、という靴が擦れる音がした。


「……いいよ。俺は向こう向いてるから、テントに戻りな」


その、心なしか優しい声に、思わず頭を上げる。

本当に青年は、少女に背を向けていた。


「………すみません………」


そう呟いてフードを被り、空のバケツを持ち、少女は走ってテントへ向かった。

青年の姿が小さく見えるぐらいのところで、振り返る。


彼は、向こうを見続けたままだった。











この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。