そしてゆっくりと、言葉を紡ぐ。

「お二人ともご存知のように、スジュナは私の子ではありません。………妻の子でも、ありません」

「…妻、というと、スジュナちゃんが持ってた写真の……」

ルトの言葉に、ラサバは切なげに笑った。

「……はい。妻は、スジュナを引き取る少し前に、病で亡くなりました」

だから、スジュナは母親と会ったことがないと言ったのか。


「じゃあ、なんでスジュナちゃんは、劇団の人達を知らないんだ?」


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。