そう言うと、女は時計を見た。

「そろそろ戻らなきゃ。じゃあお嬢ちゃんたち、バイバイ」

「あ、ありがとうございました…!」

「ありがとう!」

女は綺麗な笑みを浮かべると、早々に会計を済ませ、店を出て行った。


緊張がほぐれ、深いため息をつく。

…まさか、劇場の人間に会ってしまうとは…。

スジュナを見ると、パンを譲ってもらえて嬉しいのか、ニコニコと笑っている。

複雑な気分のままパンを買って、私達は店を出た。








この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。