噴水公園に行き、パンをかじる。


噴水の前のベンチでふたり、並んで座った。

やっぱり美味しそうにパンを頬張るスジュナは、とてもニコニコとしていて、ご機嫌で。

真後ろで、噴水が音を立てていた。


「…ねぇ、スジュナちゃん」

「ふ?」


パンを口いっぱいに頬張り、大きな瞳を開いて、スジュナはこちらを見上げる。

私は少し目を横に逸らした後、力なく笑った。

「…よかったね。パン、譲ってもらえて」

「うん」

…とても、嬉しそうに笑う。

私は少し迷ってから、またスジュナに視線を戻した。

……やっぱり、知りたい。


「ね、スジュナちゃん」

「なぁに?」

優しく微笑みを浮かべ、私は唇に人差し指を当てる。


「スジュナちゃんとお父さんの秘密を教えてもらったから、私の秘密も教えてあげる」



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。