スジュナはぽかんとした顔で、私を見た。

「おねぇちゃんの、秘密?」

「そう。誰にも言わない?」

首を傾げながらも、スジュナは素直にこくん、と頷いた。

その様子に微笑むと、私は「あのね」と言って。


「私も、ルトに買われた奴隷なの」


見ると、スジュナは何を言っているのかわからない、という顔をしていた。

やがて、徐々に言葉の意味に気づいていき、目を見開く。

「………えっ!?うそ!本当に!?」

「本当に」

身を乗り出して迫ってくるスジュナに、思わず笑ってしまった。

スジュナは、純粋に戸惑っているようだった。


「じゃ、じゃあ…おにいちゃんは、おねえちゃんのご主人様なの?」


…ご主人、様。

その言葉が自然と出てきたということは、この子は過去の主人にそう呼ばされていたということだ。

こんな、幼い子供に。

そう考えると、やるせなさでいっぱいになる。

スジュナが奴隷だったということに、急に実感が湧いた。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。