約束の時間になり、ラサバとスジュナ、ルトと私は劇場近くに集まった。


「えーっと…んじゃ、俺ら行くな」

私とスジュナにそう言うと、ルトは劇場を指差す。

「うん。頑張って下さい」

私の言葉に、ラサバは「はい」と確かな強さで返事をした。


…説得の段取りを、話し合った結果。

まずルトとラサバが、劇団の者たちにスジュナの事を詳しく話す。

基本的にラサバが喋り、足りないところをルトが補う役目だ。

それから約三十分後に、私とスジュナが家のなかへ入る。 

私達が入る頃には説明は終わり、あとはスジュナが劇団の人間から色々と問いただされるだろう…

と、いうことになった。


つまりは、ラサバ次第。

私とスジュナが来るまでに、劇団の人間をどこまで説得できるか、である。


けれど、今のラサバならきっとやれる、と私は思った。

自信なさげに下がった眉は変わらずとも、瞳には強い意志が込められていた。


「では、いってきます」




この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。