少女は絶望した。

つまりこの容姿を壊せば、奴隷としての価値さえ無くなるのだ。


…必ず、殺される。壊せば、殺される。

死ぬのは嫌だ。

ならば、私はどうすればよいのだろう。


…もう、感情を殺せばいいのだろうか。


ことあるごとに嫌だと思わず、どうでもよいのだ、と。

こんな身体、好きに使えばいい。

殺されないのなら、それでいい。


その度に傷ついては、心が疲れる。


そう結論に至り、一切の抵抗をやめた。


どうせ、飽きられれば捨てられるのだ。

また新たな奴隷屋へ売られ、新たな主人に買われる。

殺されなければ、それでいい。



少女は、諦めた。

この格差の世界で、幸せを求めることを諦めた。



ただ、生きている事だけを希望とした。














この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。