「ルト、起きて。ルト」


時間は深夜。

あれからルトは、友人たちと飲みふけっていた。

しかしもともと酒に強くないのか、やがて飲めなくなり、吐き気を催したかと思えば、酒場の誰よりも早く爆睡してしまった。

おかげで、酒場の人々が次々と帰るなか、私はルトを起こす羽目になっている。

しかも、起こせたとしても、私一人でここから宿へ彼を運べるはずがない。

一緒に宿までルトを運ぼうか、と言ってくれた人もいたのだが、なんせその人もだいぶ酔いが回っているため、遠慮した。

そうこうしているうちに、酒場には私とルトだけになってしまった。

ミラゼは、私との話が終わるとすぐに、用事があると言って酒場から出て行ってしまった。

鍵はあとで自分でかけるから自由に帰ってと言われたが、ルトが起きない限りどうしようもない。

やはり、誰かに助けてもらったほうが良かっただろうか。

「ルト、ルト」

体を揺さぶるが、全く起きる気配がない。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。