「ありがとうございましたー」


女店員の声と共に、店を出る。

もう、空が茜と灰色に染まっていた。


「疲れた……」

ルトが、ドレスや靴が入った箱を持って、ため息をついた。

「最後に全部買えてよかった」

そう言うと、ルトは「そうだな」と満足気に笑う。

「似合うのがあってよかった」

「うん」

私はそう返事をしながらも、別の事にひたすら後悔していた。


....ああ、もう。

例にもよって、またも。

今こそルトが普通に話をしているから、私も普通に返事をしているが。

本当なら、頭から火を吹く勢いで、顔を火照らせていたところである。

何を、言ったんだろうか。

何を、言ってしまったのだろうか。

ただでさえ、あんなこっぱずかしいドレスなど着ていたというのに…

私は。

まさか、『ルトになら、綺麗と言われても嬉しい』などと。

『綺麗と言ってくれてありがとう』などと。

まさか、まさかあんなに笑って、言うなんて。

ありえない、と思った。

あんなこと、私が言ってしまうなんて、あり得ないと。

「………………………」

ふと、自分の左手を見つめる。

手と手が、繋がっている。

私の手より大きな、ルトの右手。




この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。